/

東風・PSA、共同開発で合意 東南アジア向け新型車

【北京=阿部哲也】中国自動車大手の東風汽車と仏プジョーシトロエングループ(PSA)は28日、需要が急拡大する東南アジア向けの新型車を共同開発するなど「グローバル戦略パートナーシップ」で合意した。基幹部品の車台を共同開発するほか、部品の共通化や共同購買も進める。PSAが上海市に持つ研究開発センターを統合する形で、新たな開発拠点も設ける。日本車が強い東南アジア市場だが、今後は中仏連合の参入で競争が激しくなりそうだ。

記者会見した東風の徐平董事長は「提携は東風の国際化を加速する」と強調。PSAのフィリップ・バラン会長は「アジア開拓に弾みがつく」と抱負を述べた。

具体的な提携の柱として、共同で東南アジア開拓に乗り出す。PSAの上海拠点を拡張する形で、共同の研究開発センターを新設。PSAが持つデザイン力や技術力に、価格競争力のある東風の部品調達網を融合し、中国や東南アジアなど新興国向けの新型車を共同開発する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン