/

中国商用飛機、カナダ・ボンバルディアと提携

【北京=多部田俊輔】中国旅客機メーカーの中国商用飛機はカナダの航空機大手ボンバルディアと戦略提携する。世界の航空会社への営業で協力するほか、両社がそれぞれ開発を進めているジェット旅客機について部品の共同調達などを検討する。世界航空機大手が中小型機の開発を競っており、中国商用飛機とボンバルディアは提携によって価格競争力や販売力を強化して勝ち残りを目指す。

両社は長期的な戦略提携で基本合意した。具体的には、欧米などの成熟市場や中国や南米、東南アジアなどの新興市場での顧客開拓を共同で行うことを検討する。主要顧客である航空会社に対するアフターサービスを共同で提供することも視野に入れる。

両社が開発中の中型ジェット機の部品調達などでも検討する。中国商用飛機は150人乗りの「C919」を開発しており、2016年に納入を始める計画。ボンバルディアは13年の実用化を目指して150人以下乗りの「Cシリーズ」の開発を進めており、両社は部品の共有化などを進める方針だ。

世界の航空業界ではジェット燃料の上昇や料金の引き下げ競争などから、運航効率の良い中小型ジェット機の需要が高まっている。中国商用飛機とボンバルディア以外でも、ブラジルの旅客機大手エンブラエルや日本の三菱航空機、ロシアのスホイなどが開発を進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン