/

北朝鮮軍次帥に黄炳瑞氏 労働党第1副部長、新たな実力者か

【ソウル=小倉健太郎】北朝鮮の朝鮮中央通信は28日、朝鮮労働党の黄炳瑞(ファン・ビョンソ)組織指導部第1副部長に、朝鮮人民軍次帥の称号が授与されたと報じた。次帥は金正恩(キム・ジョンウン)氏の元帥に次ぐ階級で、事実上のナンバー2とみられる崔竜海(チェ・リョンヘ)軍総政治局長らと同じだ。

昇格は26日付で朝鮮労働党中央軍事委員会と国防委員会が決めた。ラヂオプレスによると黄氏は2005年9月、党副部長の肩書で北朝鮮の公式報道に登場した。軍での肩書は20日付の朝鮮労働党機関紙、労働新聞の写真で上将から大将への昇格が確認されたばかり。急速に影響力が増している可能性がある。

黄氏が所属する組織指導部は党で人事を担当する部署だが、金第1書記による砲撃訓練の視察に黄氏らが同行したことを報じた27日の朝鮮中央通信の呼称により、中央軍事委員会委員にもなっていることが判明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン