/

この記事は会員限定です

米企業、株主還元強める 自社株買い・配当が高水準に

[有料会員限定]

【ニューヨーク=川上穣】米企業が株主還元を強化している。今年4~6月期の自社株買いと配当を合わせた総額は前年同期から9%増え、金融危機前の2007年10~12月期以来5年半ぶりの高水準になった。株主の圧力もあり、経営者は潤沢な手元資金を株主に還元する姿勢が強い。特に前向きなのがアップルやマイクロソフトといったIT(情報技術)企業。好業績に陰りもみえるなか、増配などで株価を下支えする狙いもある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り895文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン