/

NYタイムズ、16地方紙売却 電子版を強化

米新聞大手ニューヨーク・タイムズ(NYタイムズ)は27日、地方紙部門をフロリダ州に本拠を置くハリファクス・メディア・ホールディングスに売却することで合意したと発表した。フロリダ州やカリフォルニア州などの16地方紙が対象。売却額は1億4300万ドル(約110億円)。NYタイムズは地方紙を売却する一方で、電子版を強化する。

NYタイムズは中核紙のNYタイムズ紙のほか、ボストン・グローブ紙やインターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙などを傘下に持つ。売却の対象には、ピュリツァー賞の受賞歴もあるフロリダ地元紙などを含んでいる。

NYタイムズのサルツバーガー・ジュニア会長は「地方紙部門の売却でNYタイムズはデジタルに集中したメディアへの変革を続ける」との声明を公表した。同社は主力ニュースサイトの一部有料化に踏み切るなど、電子版事業の強化を急いでいる。(ニューヨーク=杉本貴司)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン