/

この記事は会員限定です

「衛星写真ではつかめない惨状」 干ばつの米中西部

トウモロコシや大豆、最高値更新も

[有料会員限定]

約半世紀ぶりの米干ばつが米中西部の農家を直撃している。米農務省によると同地が主産地であるトウモロコシと大豆は全体の9割が干ばつの影響を受けており、減産は免れない見通しだ。干ばつ被害の規模は収穫が一段落する8月末まで把握できないが、9月に入れば被害の深刻さに市場が気付き、トウモロコシ、大豆とも7月20日につけた史上最高値を大幅に更新するとの見方も出ている。被害の実態を探ろうと、トウモロコシの主産地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1741文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン