2019年2月19日(火)

ラトビア首相、ユーロ導入「恩恵、コストに勝る」

2013/12/31付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ラトビアのバルディス・ドムブロフスキス首相に、ユーロ導入の狙いなどを聞いた。

――ユーロ導入の利点は何ですか。

「政府部門と民間部門の(借り入れ)金利の低下が期待できる。格付け会社も金融・経済の安定にプラスに働くと指摘している。ラトビアは約70%の貿易をユーロで決済し為替交換のために多額の資金を使っているが、これをなくすことができる。海外からの直接投資の増加も期待できる」

――負担やマイナス面も…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

各種サービス