タイ首都、生活必需品の不足深刻 政府が緊急輸入

2011/10/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【バンコク=高橋徹】タイを襲っている洪水で、首都バンコクの生活必需品不足が深刻になっている。食品工場の生産停止に物流機能のマヒが重なったためだ。浸水の長期化に備えた消費者は買いだめに走っている。政府は通関手続きを簡素化して近隣国からの緊急輸入を表明し、住民のパニックを誘発しかねない品不足の解消を急ぐ。ただ小売り大手5社へ開放した空港の物流基地が浸水で使用不能に陥るなど、見通しの甘さも露呈した。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]