2019年9月20日(金)

北朝鮮、弔問団に異例の厚遇 韓国の強硬論けん制

2011/12/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【都羅山(韓国北西部)=尾島島雄】北朝鮮の金正日総書記の死去を受けて平壌入りした韓国の民間弔問団が27日、帰国した。後継者で三男の金正恩(キム・ジョンウン)党中央軍事委員会副委員長は弔問団との面会でほとんど発言がなかったもようだが、正恩氏の"外交デビュー"となった今回、北朝鮮側の異例といえる厚遇ぶりには、韓国の対北朝鮮強硬論を揺さぶり、経済協力の引き出しも探ろうという思惑がのぞいた。

「遠くから…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。