/

この記事は会員限定です

防空識別圏、揺れる韓国・台湾 融和路線にジレンマ

[有料会員限定]

【ソウル=小倉健太郎】中国による東シナ海の防空識別圏(ADIZ)の設定は韓国や台湾をも揺さぶっている。韓国は管轄権を争う岩礁上空が含まれた点などに反発。台湾も自らの防空識別圏と一部が重なるだけに戸惑いを隠し切れない。ただ韓国、台湾はそれぞれの思惑から「親中」「対中融和」路線をとってきただけに、中国との決定的な関係悪化は避けたいジレンマを抱える。

韓国は中国の防空識別圏について、韓国に関連する部分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1100文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン