2019年6月26日(水)

「理財商品」、債務不履行回避へ 中国

2014/1/28付
保存
共有
印刷
その他

【上海=土居倫之】中国で債務不履行(デフォルト)懸念が高まっていた高利回りの資産運用商品「理財商品」について、同商品を組成した中誠信託(北京市)は27日、「投資家と合意に達した」と発表した。合意内容の詳細は明らかにしていないが、複数の関係者によると、元本を31日の期日までに投資家に支払うことで合意したという。デフォルトは回避される公算が大きい。

中誠信託は販売会社の中国工商銀行を通じ、利払いをしない代わりに元本を期日までに返済するか、元利金の支払いを当面延期するかの2つの選択肢を投資家に提示。合意文書への署名を求めている。多くの投資家は元本返済を選択するもようだ。

同商品は9.5~11%の予想利回りを提示し、2011年に工商銀が富裕層に販売した。

中誠信託は組成した商品が投資していた山西省の採炭会社が事実上破綻したことを受けて16日、「31日の満期償還に不確実性がある」と発表。不安を強めた投資家が販売会社の工商銀や中誠信託に返済を求める事態となっていた。

デフォルトは中国の金融市場に大きなショックを与える可能性があったため、投資家への元本支払いに応じる方針を固めたとみられる。ただ返済に必要な資金の拠出元などは不明だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報