Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]日本の二の舞いか 停滞する英国経済

(1/3ページ)
2012/12/28 7:00
共有
保存
印刷
その他

(2012年12月27日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

 第2次世界大戦以降、英国経済は忠実な老いた猟犬のようだった。急成長と停滞を繰り返した時期やスタグフレーションに耐え、欧州の病人となり、時々自信過剰に陥ったが、長期的な実績は驚くほど安定していた。少なくとも2007年まではそうだった。

■金融危機で様変わりした経済

イングランド銀行のキング総裁が退任する来年夏の時点で英国のGDPは2008年の水準に達しない見込みだ(12月10日、ニューヨークでスピーチする同総裁)=ロイター
画像の拡大

イングランド銀行のキング総裁が退任する来年夏の時点で英国のGDPは2008年の水準に達しない見込みだ(12月10日、ニューヨークでスピーチする同総裁)=ロイター

 国民1人当たりの所得は生産性の拡大を反映し、平均して年間2%近いペースで伸びた。人口が1951年の5000万人から2011年の6300万人に増えたため、国内総生産(GDP)はもっと速いペースで増えた。

 英国は1950~1960年代、戦後ドイツが謳歌した「Wirtschaftswunder(経済の奇跡)」のような高度成長を経験しなかった。インフレが落ち着く米国流の「Great Moderation(大いなる安定)」を享受したのも、1984年に始まった米国版から10年もたった後だった。新しい経済政策の枠組みを打ち出すたびに誰もが興奮したが、統計上、その結果を区別するのは驚くほど困難だ。

 1945~2007年の英国経済は、表向きは変動が大きいものの基本的に安定していて退屈だ、という形容がぴったりだろう。だが金融危機以降、英国はもはや将来が過去のようにはならないという厄介な事実に直面せざるを得なくなった。

■G7の中で最も大きい落ち込み

 労働者1人当たりの生産高が通常のペースで拡大していたら、今頃は2007年より10%高いはずだった。ところが同じ期間に生産性は4%強低下した。英国は主要7カ国(G7)の中で、2007年以前のトレンドと比べてGDPの落ち込みが最も大きかった。英予算責任局(OBR)の試算では、英国のGDPが2008年のピークの水準に戻るには2014年末まで待たねばならないという。イングランド銀行の予想は、マーヴィン・キング総裁が来年夏に退任する時のGDPが、同氏の2期目の任期が始まった5年前より大きい可能性はほぼゼロと見なしている。

 キング総裁は2003年に自身が引き継いだ、インフレがなく持続的に拡張する経済を「すてきな10年」と呼んだが、物価が大きく変わり経済が拡大しない英国の立場は「貧弱」だとするシティグループのマイケル・ソーンダース氏に反論できないだろう。昔の頼りになる英国は、もはやない。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!


【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

チャイナユニコムの香港店舗。チャイナユニコムはアリババ集団など約14社から出資を受け入れると8月に発表。中国政府による「混合所有制」推進の一環だ=ロイター

ロイター

[FT]間違った方向へ進む中国の国有企業改革 [有料会員限定]

 2017年8月、中国の民間企業と国有企業が一丸となって中国聯合網絡通信(チャイナユニコム)の株式を購入した。同社の117億ドルの増資に応じたものだ。中国政府はこれを国有企業改革の新たな節目として歓迎…続き (9/27)

ドイツ総選挙が終わり、撤去される政党ポスター(25日、ベルリン)=AP

AP

[FT]メルケル氏は国際主義の旗を降ろすな(社説) [有料会員限定]

 現代のドイツは強固な民主主義の文化と欧州統合への献身、世界の問題に対する理知的な関与によって、1945年以後のリベラルな秩序の柱となっている。ここ数年、その秩序が弱まっていることを考えると、自国の価…続き (9/26)

ルイジアナ州など米国の南部には「疲弊」地域が集中する(同州ニューオーリンズ)=ロイター

ロイター

[FT]景気回復の光が差さない米国の「疲弊」地域 [有料会員限定]

 米国人の5000万人以上が「深刻な景気後退(リセッション)」から抜け出せない地域に住んでいることが、調査で明らかになった。こうした地域では雇用減少や事業基盤の縮小がみられ、米国の景気回復がバラバラな…続き (9/26)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<9/25の予定>
  • 【国内】
  • 安倍首相が記者会見
  • 7月の景気動向指数改定値(内閣府、14:00)
  • 外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
  • 黒田日銀総裁が経済団体懇談会であいさつ(大阪市、14:35)
  • 国債投資家懇談会(財務省、15:00)
  • 榊原経団連会長の記者会見(16:00)
  • 【海外】
  • 8月のシンガポール消費者物価指数(CPI)
  • 9月の独Ifo企業景況感指数(17:00)
  • ダドリー・ニューヨーク連銀総裁が講演(21:30)
  • エバンス・シカゴ連銀総裁が講演 (26日1:40)
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が講演 (26日7:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<9/26の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 8月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • 日銀金融政策決定会合の議事要旨(7月19~20日開催分、8:50)
  • 40年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 小林同友会代表幹事の記者会見(13:30)
  • 東証ジャスダック上場=寿屋
  • 【海外】
  • 8月のシンガポール鉱工業生産
  • 7月の米S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(22:00)
  • 8月の米新築住宅販売件数(23:00)
  • 9月の米消費者信頼感指数(23:00)
  • メスター・クリーブランド連銀総裁が討議に参加(22:30)
  • ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事が講演(23:30)
  • イエレンFRB議長が講演(27日0:50)
  • ボスティック・アトランタ連銀総裁が講演(27日1:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<9/27の予定>
  • 【国内】
  • 清田日本取引所CEOの記者会見(15:30)
  • 3~8月期決算=ニトリHD
  • 【海外】
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が講演(0:50)
  • ボスティック・アトランタ連銀総裁が講演(1:30)
  • 1~8月の中国工業企業利益(10:30)
  • タイ中銀が政策金利を発表
  • 8月の米耐久財受注額(21:30)
  • 8月の米仮契約住宅販売指数(23:00)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が講演(22:15)
  • ブラード・セントルイス連銀総裁が講演(28日2:30)
  • ブレイナードFRB理事が講演(28日3:00)
  • ローゼングレン・ボストン連銀総裁が講演(28日8:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<9/28の予定>
  • 臨時国会召集
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • マザーズ上場=ロードスターキャピタル
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 2年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 8月の建設機械出荷額(日本建設機械工業会、12:00)
  • 全国証券大会で黒田日銀総裁があいさつ(15:35)
  • ニュージーランド中銀が政策金利を発表
  • 9月の独消費者物価指数(CPI)速報値
  • 4~6月期の米実質国内総生産(GDP)確定値(21:30)
  • 米7年物国債入札
  • ジョージ・カンザスシティー連銀総裁が講演(22:45)
  • フィッシャーFRB副議長が講演(23:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<9/29の予定>
  • 閣議
  • 8月の全国・9月の都区部CPI(総務省、8:30)
  • 8月の完全失業率(総務省、8:30)
  • 8月の有効求人倍率(厚労省、8:30)
  • 8月の家計調査(総務省、8:30)
  • 8月の鉱工業生産指数速報(経産省、8:50)
  • 8月の商業動態統計速報(経産省、8:50)
  • 日銀金融政策決定会合の主な意見(20~21日開催分、8:50)
  • 東証1部上場=西本Wismettacホールディングス
  • マザーズ上場=マネーフォワード
  • 8月の自動車生産・輸出実績(自工会、13:00)
  • 8月の住宅着工戸数(国交省、14:00)
  • 9月の為替介入実績(財務省、19:00)
  • 9月の独失業率(16:55)
  • 9月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値(18:00)
  • 8月の米個人所得(21:30)
  • 8月の米個人消費支出(PCE、21:30)
  • 9月の米シカゴ購買部協会景気指数(PMI、22:45)
  • 9月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ)(23:00)
  • ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁が講演 (30日0:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]