/

米アカデミー賞、白黒無声映画「アーティスト」が5冠

被災地描く短編は逃す

作品賞などを受賞した「アーティスト」の関係者たち(26日、ロサンゼルス)=ロイター

【ロサンゼルス支局】映画界最高の栄誉である第84回の米アカデミー賞の発表・授賞式が26日(日本時間27日)、ロサンゼルスで開かれた。フランスのサイレント(無声)映画「アーティスト」(ミシェル・アザナビシウス監督)が作品賞、主演男優賞、監督賞など主要部門を含む5部門で受賞した。

「アーティスト」は1920年代のハリウッドを描き、全編モノクロの異色の作品。仏映画として初めて作品賞に輝いた。無声映画の同賞受賞は第1回以来、83年ぶり。

主演女優賞は「マーガレット・サッチャー鉄の女の涙」でサッチャー英元首相を熱演したベテランのメリル・ストリープさんが受賞した。ストリープさんは助演女優賞を含めて3度目の受賞。11部門でノミネートされたマーティン・スコセッシ監督の3D(3次元)映画「ヒューゴの不思議な発明」も撮影、美術など5部門で受賞した。

短編ドキュメンタリー部門にノミネートされていた、東日本大震災の被災地を舞台にした「津波そして桜」(ルーシー・ウォーカー監督)は受賞を逃した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン