/

この記事は会員限定です

アジアTrend インドで育つ「トヨタ・チルドレン」

ムンバイ支局 黒沼勇史

[有料会員限定]

スズキのインド工場で7月に暴動が発生、1カ月の操業停止を強いられた。低賃金は直接的な引き金でなく、労働者の「心の中の問題が原因」(現地幹部)との見方も浮上する。生産や販売などの戦略に加え、Intangible(目に見えない、無形の意)なものへの取り組みも新興国事業のカギになる――。だとすれば、どんな手段があるのか。インドでトヨタ自動車が育てる「トヨタ・チルドレン」が、その好例になるかもしれない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1906文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン