/

エジプト反政府デモ拡大 当局がフェイスブック遮断か

地方施設で放火も

エジプトの反政府デモは26日も続き、カイロなどではデモ隊と治安当局が衝突した

エジプトの反政府デモは26日も続き、カイロなどではデモ隊と治安当局が衝突した

【カイロ=花房良祐】エジプトのムバラク大統領の退陣を求める反政府デモは26日も続き、ロイター通信によれば首都カイロでは3千人以上が参加した。北東部スエズではデモ参加者が地方政府施設に放火し、治安当局との衝突で双方に70人の負傷者が出た。内務省は同日、デモや集会やデモの禁止を発表したが、長期政権や経済政策に対する不満は根強く、デモを押さえ込めないでいる。

米メディアによれば、クリントン米国務長官は26日、「エジプト当局に対し平和的な抗議行動や(交流サイト「フェイスブック」など)ソーシャルメディアを妨害しないよう求める」と発言。デモ隊と治安当局の双方に暴力を控えるよう自制を促した。

26日のスエズでのデモには数百人が参加。与党国民民主党(NDP)の事務所に火炎瓶が投げ込まれた。外務省前でデモ隊と治安当局が衝突したカイロでは、デモ参加者1人と治安当局1人が死亡したとの報道もあったが、ロイター通信は「当局筋は自動車事故だったと否定した」と伝えた。

26日にはフェイスブックに接続できなくなっているとの報道もあり、集会やデモの情報交換を当局が遮断しているもよう。25日にはミニブログ「ツイッター」の接続ができなくなっていた。携帯電話の使用も一部で制限されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン