/

「iPad」商標、富士通から米アップルへ

米アップルが富士通から、4月に発売する多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」の商標を取得していたことが26日、米特許商標庁の公示で分かった。富士通側がアップルに商標使用権を完全に譲渡した。対価の有無や金額などは明らかになっていない。富士通の米国法人は「(譲渡の)条件は公表できない」としている。

iPadは指で操作する9.7型のタッチパネルを装備。インターネット閲覧やメール送受信、音楽やゲームのほか、電子書籍にも対応する。米国で4月3日、日本では4月末に発売する。米国では予約受け付けを始めている。

富士通は米子会社を通じて2003年に業務用情報端末「iPAD」の名称を登録申請し、発売していた。アップルは07年にも高機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」の商標を巡って、先に同名の商品を発売していたネットワーク機器大手の米シスコシステムズから提訴され、交渉の末、両社ともに商標を使えることで合意した経緯がある。

(シリコンバレー=岡田信行)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン