2019年1月19日(土)

米で宇宙船試験機が着陸失敗

2013/10/27付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】国際宇宙ステーションへの有人飛行を目指し、米宇宙企業シエラネバダ社が開発中の宇宙船「ドリームチェイサー」の試験機が26日、米カリフォルニア州での無人飛行テスト時に着陸に失敗した。

着陸時に車輪の一つが出なかったのが原因で、機体は破損したとみられる。ただ、シエラネバダ社は詳細を明らかにせず「テスト段階での問題はつきもの。飛行そのものは順調で貴重なデータが得られた」としている。

ドリームチェイサーは翼を備えた再利用可能な宇宙船で、退役したスペースシャトルの3分の1ほどの大きさ。7人乗りでロケットの先端に載せて打ち上げ、滑空して地上に帰還する構想。

今回のテストは、ヘリコプターで数千メートル上空から試験機を落とし、自動操縦で飛行データを得る狙い。機体は正常に滑走路に進入したが車輪が出ず、着陸に失敗した。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報