/

この記事は会員限定です

米州Frontline ブラジルで反W杯 サッカーの王様も袋だたきに

サンパウロ支局 宮本英威

[有料会員限定]

世界有数のサッカー大国のブラジルで、ワールドカップ(W杯)が抗議デモの標的になっている。来年6月に開幕する自国でのW杯よりも、教育や医療の充実を図ってほしいというのがデモ参加者の訴えだ。人口約2億人の国で、ここ10年ほどで約4000万人が新たに中間層となり、政治意識を高めた。ブラジル代表が世界の強豪を蹴散らすだけでは、もはや国民の不満は解消されなくなっている。

「教師はネイマールよりも価値がある」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1365文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン