FRB議長が議会証言 量的緩和、なお効果的
米経済「上向きつつある」

2013/2/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=矢沢俊樹】米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長は26日午前(日本時間同日深夜)、米上院銀行委員会での議会証言で「米経済は今年に入り再び上向きつつある」との認識を示した。FRB内では量的緩和第3弾(QE3)の出口を探る動きが出ているが、足元では歳出強制削減問題に加え、欧州債務危機の再燃リスクも浮上しており、緩和転換への道筋は波乱含みだ。

25日の米株式市場はイタリア総選挙への不…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]