/

中国、ギョーザ事件の容疑者拘束

待遇に不満の元臨時工 新華社報道

【北京=尾崎実】中国国営の新華社通信は26日夜、中国の警察当局が2008年1月末に千葉、兵庫両県で発覚した中国製冷凍ギョーザ中毒事件の容疑者として、製造元である天洋食品(河北省)の元男性臨時工、呂月庭容疑者(36)を拘束した、と報じた。外交ルートを通じて日本政府にも連絡があった。発覚から2年以上が経過し、事件は解決に向け動きだした。

呂容疑者は河北省出身。工場の賃金や待遇に不満を持ち、その報復として注射器を使ってギョーザに毒を混入した。警察当局はすでに使用した注射器を押収し、多数の証人の証言も得ているという。5月末には日中韓の3カ国首脳会談を済州島で開く方向で最終調整している。ギョーザ事件が解決すれば、日中関係の大きな懸案が取り除かれることになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン