/

ビザ、ミャンマーでATM取引開始

ビザ・インターナショナルは26日、ミャンマーで地元銀行と提携し、ATMによる取引を開始したと発表した。ミャンマー国内約90のATMで現金の引き出しが可能となる。

金融インフラが未整備のミャンマーでは、クレジットカードが利用できるATMや店舗はごく一部。経済改革の進展を受けて各国企業が進出する中、急伸する需要を取り込もうとJCBを含め各カード会社がサービス拡大に動いている。

来年以降、世界経済フォーラム東アジア会議など大型の国際行事がミャンマーで開催される予定で、ビザは「増加が見込まれる観光客の利便性が大幅に高まる」としている。

ミャンマー政府は10月、経済制裁の影響で制限されていたクレジットカードについてビザやマスター、JCBなど計4社を認可していた。(シンガポール=共同)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン