2019年6月17日(月)

米人権団体、中国の人権問題改善促す公開書簡 米大統領に

2012/1/26付
保存
共有
印刷
その他

【香港=川瀬憲司】米人権擁護団体のヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)は25日、中国の人権状況の改善を促す提案を盛り込んだ公開書簡をオバマ米大統領に送った。中国の次期最高指導者と目され、2月に訪米する習近平・国家副主席に対し「米国が対中関係で人権問題をどれだけ重視しているかを、彼(習氏)が完全に理解するようにしてもらいたい」としている。

HRWは書簡で、2月14日からの習副主席の訪米を機に、オバマ大統領に対し5つの提案をした。このほど米国への亡命申請を表明した著名な人権活動家で作家の余傑氏らをホワイトハウスに招き、中国の人権抑圧の現状について意見を求めることを提案した。南方報業伝媒集団など政府に批判的な姿勢も見せる中国メディアに、単独インタビューの機会を与えることなども求めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報