/

ロシア外務省「遺憾の意」表明 首相靖国参拝で

【モスクワ=石川陽平】ロシア外務省公式代表のルカシェビッチ情報局長は26日、安倍晋三首相の靖国神社参拝について「遺憾の意を呼び起こさざるをえない」とのコメントを発表した。「世界で広く受け入れられているものとは異なる偏った第2次世界大戦の結果に関する評価」を日本社会に押しつけようとする勢力の試みが強まっているとも指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン