上海、PM2.5で大気「重度汚染」

2013/12/27付
保存
共有
印刷
その他

中国では26日、東部を中心に有害物質を含んだ濃霧が発生、上海市では微小粒子状物質「PM2.5」を含む大気汚染指数が6段階のうち最悪から2番目の「重度汚染」となった。上海ではPM2.5の濃度が一時、1立方メートル当たり390マイクログラムを超え、外出の際にマスクをする人が見られた。

中国環境保護省傘下の機関が運営するウェブサイトによると、江蘇省南京市や同省蘇州市、山東省青島市、安徽省合肥市などの各地の観測地点で6段階のうち最悪の「深刻な汚染」を記録した。(上海=共同)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]