2019年7月23日(火)

シェール革命、中国に波及 素材で供給過剰助長の恐れ

2013/7/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=山田周平】BPなどが大連市で新たな石油化学プラントを稼働させれば、北米発の「シェール革命」の恩恵が中国にも及ぶ形となる。低コストでの原料供給は中国に立地する自動車工場などには追い風となる一方、中国経済が直面する素材の供給過剰を助長する恐れもある。

中国では2012年、自動車生産が世界最多の約1100万台に達し、ノート型パソコンでも世界の組み立て拠点の9割以上が集中する。合成樹脂の需要が旺…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。