2019年5月25日(土)

韓国系銀行の東京支店、新たに2行で不正融資

2014/2/26付
保存
共有
印刷
その他

複数の韓国メディアは26日、韓国のウリィ銀行と中小企業銀行のそれぞれの東京支店で不正融資が行われていることが発覚し、金融監督院が特別検査に着手したと報じた。

韓国系銀行の東京支店をめぐっては、最大手の国民銀行の元支店長ら2人が背任罪で昨年12月に起訴されている。同行の不正融資額は当初報じられた約1700億ウォン(約163億円)の2倍に達するとみられ、金融監督院の検査が続いている。

聯合ニュースによると、26日までにウリィ銀東京支店で600億ウォン台、中小企業銀の同支店でも100億ウォン台の不正融資が、それぞれ行内の調査で判明し、金融監督院に届け出があった。(ソウル=共同)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報