/

中国首相、尖閣「日本が盗んだ」 独・ポツダムで演説

26日、ベルリン郊外のポツダムで演説する中国の李克強首相=新華社・共同

【北京=中沢克二】ドイツ訪問中の中国の李克強首相は26日、第2次世界大戦の戦後処理を協議したベルリン郊外のポツダムで演説し「ポツダム宣言は日本が盗み取った中国の東北部、台湾などの島しょの返還というカイロ宣言の条項の履行をうたっている」と強調した。

中国政府は尖閣諸島は台湾の一部と主張しており「台湾などの島しょ」という間接表現で尖閣諸島の領有権を訴えた形だ。中国国営通信の新華社が伝えた。

同時に「ファシズムによる侵略の歴史を美化しようとするいかなる言動も受け入れられない」と強調。名指しは避けつつも、侵略の定義は定まっていないなどとした安倍晋三首相らの言動を批判した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン