ハッカー集団アノニマス、米でカード情報盗み寄付
民間調査機関サイトに侵入

2011/12/26付
保存
共有
印刷
その他

国際的ハッカー集団「アノニマス」を名乗るグループは25日、米民間調査機関のウェブサイトに不正侵入し米政府機関や企業の職員のクレジットカード情報4千件以上を流出させたと発表した。欧米メディアが報じた。

報道によると、これらの個人情報を利用して慈善団体にクリスマスの寄付も行われ、被害も確認された。

侵入されたのは調査機関ストラトフォーで、攻撃を受けてサーバーを一時閉鎖。同社は個人情報流出対策の専門企業とともに顧客対応に取り組んでいるという。

AP通信によると、職員の個人情報が流出した機関や企業には米空軍やフロリダ州のマイアミ警察、米電子機器大手アップルも含まれていた。

アノニマスのメンバーによるサイトへの書き込みによると、米国防情報局(DIA)の職員の個人情報を使って非営利団体に250ドル(約2万円)を寄付したという。

英BBC放送によると、同集団はストラトフォーが個人情報を暗号化していなかったため入手可能だったと主張している。ストラトフォーは顧客に政治、経済、軍事情報を提供している。(ニューヨーク=共同)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]