/

この記事は会員限定です

日中韓ASEAN、アジアの社債保証 第1弾は1億ドル規模

[有料会員限定]

【マニラ=佐竹実】東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中韓によるアジア企業の資金調達支援の枠組みが動き出す。第1弾として、各国が7億ドル(約560億円)出資して設立した基金が7月にも、東南アジア企業が発行する1億ドル規模の現地通貨建て債券を保証する。インフラ関連も対象とする考えで日本からの投資や輸出の裾野拡大にもつながりそうだ。

社債を保証するのはASEAN日中韓とアジア開発銀行(ADB)が一昨年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り594文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン