/

この記事は会員限定です

トヨタやGM、米に自動運転の実験場 共同で建設

安全性を検証

[有料会員限定]

【ワシントン=川合智之】トヨタ自動車や米ゼネラル・モーターズ(GM)など日米の自動車大手と米ミシガン大学は、自動運転車の実用実験に使う施設を今秋にも共同で建設する。危険な交通状況を再現し、事故の回避技術を蓄積する共同インフラとして活用する。米運輸省やミシガン州とも連携、2021年の実用化に向け安全性を検証する。

自動車各社が共同で大規模な実験施設をつくるのは初めて。計画には米国のフォード・モータ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り543文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン