/

この記事は会員限定です

中国各地で反日デモ 政府、混乱防止に躍起

[有料会員限定]

中国の広東省東莞市など3都市以上で26日、沖縄県の尖閣諸島に対する中国の領有権を主張する反日デモが起きた。19日に20以上の都市で一斉に起きたのに続く週末のデモ。中国政府は年内の共産党大会を控えて混乱防止を最優先し、インターネット上の参加呼びかけを削除するなど混乱を抑え込むのに躍起だ。

東莞市では午前10時半ごろから3時間以上にわたり、数百人が中心部の大通りを「釣魚島(尖閣諸島の中国名)を返せ」「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り462文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン