中国、世界最長の高速鉄道開通 北京―広州を8時間に

2012/12/26付
保存
共有
印刷
その他

北京と広東省広州を結ぶ中国版新幹線「京広高速鉄道」が26日、全線開通した。午前9時(日本時間同10時)に北京西駅を出発した一番列車には、カメラなどを手にした多くの客が乗り込んだ。北京―広州間の全長は2298キロで旅客専用の高速鉄道としては世界最長。これまで在来線で約21時間かかっていた同区間が約8時間に短縮される。2015年には香港までの延伸も計画している。

北京―広州間の沿線には河南省鄭州や湖北省武漢など5省の省都が並ぶ。全国の高速鉄道網でみると、約30の大都市が結ばれたことになる。中国政府は高速鉄道網の整備により、沿岸部と内陸部との間で人、モノ、カネの移動を活発にし、内需拡大を図る。

中国メディアによると、既に沿線7省と31都市が「高速鉄道沿線旅行市場推進連盟」を結成、連携して観光振興を目指す動きがある。日本と同様、高速鉄道と中国国内の航空各社との価格競争も激しくなりそうだ。高速鉄道の場合、北京―広州間は1等席が1383元(約1万8600円)、2等席が865元(約1万1600円)。同区間の飛行機のエコノミークラスの相場価格は1000~1200元(約1万3500~1万6200円)となっている。

中国鉄道省によると、列車の最高速度は時速350キロだが、安全面などへの配慮から当面は最高時速約300キロで運転する。日本の東北新幹線「はやて」の技術をベースにした「CRH380A」などが運行する。

中国政府は昨年7月の浙江省温州での高速鉄道事故をきっかけに高速鉄道への投資を凍結してきた。ただ、その後に景気減速感が強まったことなどを背景に、いったん凍結した鉄道建設を再び経済のけん引役として活用しようとしている。鉄道省によると12年の年間投資額は4960億元(約6兆7千億円)。(北京=島田学)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]