/

ぎこちない初会談 日韓首脳、関係冷え込み映す

「マンナソ パンガプスムニダ(お会いできてうれしいです)」。25日の日米韓首脳会談。安倍晋三首相は、初顔合わせとなった韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領に韓国語で呼びかけて融和ムードを演出した。もっとも、冷え込む日韓関係を意識してか、朴氏の方は硬い表情が目立ち、互いにぎこちなさは隠せなかった。

米国による仲介で実現した会談とあって、会場はハーグにある駐オランダ米大使公邸。中央に立つオバマ氏が、向かって右側の安倍氏、左側の朴氏の肩に手を添えた冒頭シーンでも、笑顔の安倍氏に対し朴氏は伏し目がちだった。

写真撮影が終わる際、カメラマンから「握手をしてください」との声が飛んだが、3氏は応じず。安倍氏と朴氏は会談が終わった後、握手をしながらあいさつを交わしたという。(ハーグ=内山清行)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン