パキスタン最高裁、大統領の訴追再開期限を2週間猶予

2012/7/25付
保存
共有
印刷
その他

パキスタン最高裁は25日、ザルダリ大統領の過去の汚職疑惑について、政府が中断している訴追手続きを8月8日までに再開するようアシュラフ首相に命令した。本来は25日が手続き再開の期限だったが、政府側が24日に期限延長を要求。最高裁が2週間の猶予を与えた格好だ。

来月8日までに政府がなんらかの行動を起こさない場合、ギラニ前首相と同じくアシュラフ首相に強制失職の措置を取る可能性もある。(ニューデリー支局)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]