/

ボストン・テロ容疑者、1年以上前に監視リスト登録

【ワシントン=共同】米ボストン連続爆破テロで、死亡したチェチェン系のタメルラン・ツァルナエフ容疑者(26)について、米政府の「国家テロ対策センター」が2011年10月ごろ、ロシアの情報機関から警戒を促された米中央情報局(CIA)の要請を受け、監視リストに登録していたことが24日分かった。米メディアが伝えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン