/

米大統領「慰安婦で対応を」 北朝鮮、核実験なら制裁

【ソウル=吉野直也】韓国訪問中のオバマ米大統領は25日、ソウルで韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領と会談した。その後の共同記者会見で旧日本軍の従軍慰安婦問題について「甚だしい人権侵害だ。衝撃を受けた」と述べ、日本政府に異例の対応を求めた。北朝鮮が4回目の核実験を強行した場合は追加制裁をする考えを示した。

オバマ米大統領が朴槿恵韓国大統領と会談。核実験強行で北朝鮮への追加制裁の考えを示した

オバマ米大統領が朴槿恵韓国大統領と会談。核実験強行で北朝鮮への追加制裁の考えを示した

従軍慰安婦問題を巡っては朴氏がまず日本政府に「誠意のある行動が必要だ」と要求した。オバマ氏は朴氏に同調したもので「安倍晋三首相と日本国民も過去についてより正直に、公正に理解しなければならないと認識しているだろう」と表明。日韓は「過去を振り返りつつ、未来に進むべきだ」と関係改善を促した。

米アジア戦略の根幹は同盟国、日韓との連携。日韓対立の長期化は戦略を揺さぶる。オバマ氏は3月下旬の日米韓3カ国首脳会談を主催したのに続き、慰安婦問題でも「仲介」の姿勢を鮮明にした。

北朝鮮の核実験に関しては朴氏が「4回目の核実験を強行するための準備を完了した状態だ」と指摘。核実験を強行すれば、6カ国協議再開に向けた努力が「水の泡になる」とけん制した。

オバマ氏は北朝鮮が「米国への直接の懸念であり、脅威だ」と言明。挑発行為は「一層の孤立を招くだけだ」と述べ、「核放棄と国際的な義務の順守」を迫った。会談では北朝鮮の脅威への対応で日米韓3カ国の情報共有が重要との認識でも一致した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン