/

マカオのカジノ王、経営権巡り一族内紛か

「マカオのカジノ王」の異名を持つ大富豪、スタンレー・ホー氏(89)の一族内で、カジノ運営企業の経営権を巡る内紛が勃発したとの観測が浮上している。

同氏が会長を務める澳門博彩(SJM)は24日に「ホー氏はSJMの親会社の保有権を一部親族に譲渡した」と発表した。だが25日の香港メディアの報道によると、ホー氏の弁護士は「ホー氏は承諾しておらず、法的手段に訴える可能性がある」と反論。現時点では真相ははっきりとしていない。

ホー氏は2009年に脳外科手術を受け、健康への不安を抱える。株式譲渡問題が"お家騒動"に発展する可能性がある。(香港支局)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン