/

この記事は会員限定です

中国石油大手の方針転換、欧米勢の戦略にも影響

[有料会員限定]

【フランクフルト=加藤貴行】中国石油大手の方針転換は欧米メジャー(国際石油資本)の戦略にも影響を与えそうだ。メジャーは石油開発コストの上昇に対応し、これまで油田・ガス田の権益を中国に売却してきた。今後は国内のエネルギー需要が増える他のアジア勢や、中東産油国の企業との関係を強化する可能性がある。

世界有数のガス埋蔵量があるとされる東アフリカのモザンビークやタンザニアで、中国勢より先に投資に動いたのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り322文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン