中韓外相、歴史問題での協調確認 対日圧力強める

2012/9/25付
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=尾島島雄】中国の楊潔●(ち)外相と韓国の金星煥(キム・ソンファン)外交通商相は24日、国連総会出席のため訪問中の米ニューヨークで会談し、両国が日本との間で抱える歴史問題に協調して取り組む方針を確認した。日中、日韓関係が悪化するなか、日本への圧力を強める狙いがある。

聯合ニュースによると楊外相は「関連する国家が正しい歴史認識を持っていなければ北東アジアの秩序が影響を受ける」と述べ、金外交通商相も同調した。沖縄県・尖閣諸島と島根県・竹島(韓国名・独島)を巡る日本との対立と歴史問題とを結び付けて対処する意向をにじませている。

金外交通商相はこの後、記者団に「正しい歴史を知らせなければいけない」と述べた。国連総会では日本が26日、韓国が28日に一般討論演説を予定している。金氏は「日本がどんな発言をするのか見守りながら対応する」と述べ、野田佳彦首相の演説を踏まえて竹島や歴史問題を巡る主張の内容を決める考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]