/

中国、消費者保護法を初改正 クーリングオフなど盛る

中国政府は25日、消費者権益保護法を改正し、2014年3月15日から改正法を施行すると発表した。改正は1994年に現行法を施行して以来初めて。欠陥商品や誇大広告などへのメーカー・販売店の責任を厳格化。インターネット通販で購入した商品を一定期間内に返品できる「クーリングオフ」制度も新たに盛り込んだ。中国で事業展開する外資企業も、法令順守の強化が必要になりそうだ。(中国総局)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン