/

米グーグル、眼鏡メーカー世界最大手と提携

米グーグルは24日、眼鏡型のウエアラブル端末「グーグルグラス」の開発や販売で、世界最大の眼鏡メーカー、伊ルクソティカと提携したと発表した。高級サングラス「レイバン」など有力ブランドを抱えるルクソティカと、ファッション性に優れたフレームを製品化する。年内にも一般向けに発売するとみられるグーグルグラスの普及に弾みをつける狙いがありそうだ。

2社はグーグルグラス向けフレームの設計や開発、製造などに共同で取り組む専門チームを発足。まずはルクソティカ傘下のレイバンとスポーツサングラス「オークリー」の2ブランドの製品を投入するとみられる。

グーグルは今年1月、米国の技術者に先行販売しているグーグルグラスに度付きレンズを入れられるフレーム4種類を発表。1個225ドルで販売している。ルクソティカと共同開発するフレームの価格など詳細な仕様については明らかにしていない。

(シリコンバレー=小川義也)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン