中韓外相「正しい歴史広く知らせる」 対日圧力で協力

2012/9/25付
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=共同】中国の楊潔●(ち)外相と韓国の金星煥外交通商相は24日、国連総会出席のため訪問中の米ニューヨークで会談した。金氏は会談後、韓国記者団に「国連の場で正しい歴史を(世界に)広く知らせる必要性で一致した」と述べ、日本との歴史問題で中韓が協力して働き掛けを強める方針で合意したことを明らかにした。

中国は既に歴史問題に絡めて沖縄県・尖閣諸島に対する中国の領有権の正当性を訴えていく方針を決定。韓国も、竹島や従軍慰安婦問題で日本と対立していることから、中韓両国は領土問題と歴史問題を結び付け、協調して対日圧力を強める思惑とみられる。

金氏は、中韓会談で領有権問題を話し合ったことを認めた上で「これは歴史問題だ」と強調。日本が26日に、韓国が28日に一般討論を行う予定になっていることから「日本が何を話すかを見守り、しかるべく対応する」と述べ、野田佳彦首相の発言次第で歴史や領有権問題で強硬な主張を展開することを明らかにした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]