/

米企業、中国のドメイン名「.cn」の新規提供を停止

【シリコンバレー=岡田信行】インターネットの住所にあたるドメインの登録を手がける大手の米ゴーダディーは24日、中国のドメイン名「.cn(ドットcn)」の新規登録受け付けを停止することを明らかにした。「中国政府から登録者の写真を含む個人情報の提供要求があり、登録者の安全を懸念している」と停止の理由を説明している。

中国問題に関して米議会で24日開かれた公聴会で同社の親会社の幹部が証言した。昨年12月に中国当局から新規登録者の顔写真の提供などを求められ、今年2月には既存登録者についての情報提供を求められたという。同幹部は「中国で6年間、ドメイン名の登録を手がけてきたが、これまではこのようなことはなかった」と述べた。

ゴーダディーの動きは中国政府のネット検閲に反発して中国本土の検索事業から撤退したグーグルに続くものとなる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン