米医療機器ジンマー、バイオメットを133億ドルで買収

2014/4/25付
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=稲井創一】米医療機器メーカーのジンマー・ホールディングスは24日、米バイオメットを133億5000万ドル(約1兆3700億円)で買収すると発表した。人工関節など整形外科向け医療器具・機器を手がけるジンマーは、同業のバイオメットを取り込むことで整形分野をてこ入れする。

バイオメット取締役会はジンマーの買収に賛同している。買収手続きは2015年1~3月期中に終了する予定。ジンマーは103億5000万ドルの現金と30億ドル分の株式で買収する。

ジンマーの13年の売上高は人工関節など整形分野が中心。高齢化が進む先進国中心に成長余地が大きいとみられ、バイオメット買収で事業拡張に弾みをつける。今週に入りカナダ医薬企業バリアントが、しわ取り医薬品を手がけるアラガンに約450億ドルで買収提案した。活発になっている医薬再編で整形分野が焦点のひとつになってきた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]