米ディズニー、動画制作・配信会社を買収 510億円で

2014/3/25付
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=小川義也】米ウォルト・ディズニーは24日、動画制作・配信会社の米メーカー・スタジオ(カリフォルニア州)を買収すると発表した。買収額は5億ドル(約510億円)。米グーグルが運営する動画サイト「ユーチューブ」で若者に人気の高い同社を傘下に収め、インターネット経由のコンテンツ配信事業を強化する。

メーカー・スタジオはユーチューブ上で5万5000以上の「チャンネル」を運営。1980年代から2000年ごろまでに生まれた「ミレニアル世代」を中心に、3億8000万人が毎月55億本の動画を視聴しているという。

ディズニーは買収後の実績に応じ、さらに最大4億5000万ドルをメーカー・スタジオの株主に支払う。ディズニーのボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)は「短編動画市場は驚異的なペースで成長している」と指摘。そのうえで「メーカー・スタジオと組むことでディズニーは先端技術と番組制作のノウハウや能力を兼ね備えた無敵の存在になる」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]