債務危機脱却へEU条約改正 独仏伊首脳が一致
危機国予算への介入目指す

2011/11/25付
保存
共有
印刷
その他

【パリ=古谷茂久】フランスのサルコジ大統領とドイツのメルケル首相、イタリアのモンティ首相は24日、仏北東部ストラスブールで会い、イタリア新政権の発足を機にユーロ圏の主要3国が欧州債務危機脱却に向け緊密に協力することを確認した。ユーロ安定のため、危機国の予算編成などに欧州連合(EU)が介入できるようEU条約の改正を共同提案することで一致した。

独仏伊の3カ国首脳は会合後の記者会見で欧州債務危機阻止への結束を強調した(24日)

独仏伊の3カ国首脳は会合後の記者会見で欧州債務危機阻止への結束を強調した(24日)

サルコジ大統領は記者会見で「われわれはユーロ圏を支え、ユーロの存続を保障する」などと発言。メルケル首相は「われわれはユーロの安定と強さを保つ」などと述べ3国の連携を強調した。

イタリアでは先週、実務者で構成するモンティ新内閣が発足した。元欧州委員の経歴を持つ新首相はベルルスコーニ前首相と比べ、仏独と共同歩調をとりやすいと期待されている。3国はユーロ圏の主要国として今後も債務危機脱却に向け首脳会合を随時開く方針。

サルコジ大統領は、ユーロ圏各国の財政に介入するEUの権限拡大について「近いうちにEU条約の改正を共同提案する」と述べた。EUの欧州委員会は23日、過剰な債務を抱える加盟国に対し金融支援を勧告する規制案を示したばかり。今後はさらにEU条約改正に着手して各国の財政規律を強化する。ただ24日の首脳会合ではメルケル首相は仏などが主張するユーロ共同債導入構想や欧州中央銀行(ECB)の関与強化では譲歩しなかった。

一方で財政再建を迫られているイタリアのモンティ首相は「2013年までに財政を均衡させる」と改めて表明した。独仏首脳もイタリアの財政再建を支持する姿勢を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]