/

この記事は会員限定です

胡錦濤氏VS習近平氏 人事主導権争い終盤戦

中国、薄氏処分を近く公表

[有料会員限定]

【北京=島田学】中国の重慶市トップだった薄熙来氏の元側近で同市元副市長の王立軍被告が24日、懲役15年の判決を受けた。4月に失脚した薄氏に絡む事件の訴追は、同判決で終了した。ただ、共産党指導部内では、近く公表するとみられる薄氏本人の処分について意見の対立があるもよう。次期指導部の人事調整は最終段階で、薄氏の問題も駆け引きの材料になっているようだ。

王被告の裁判では執行猶予付き死刑になるとの観測があ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り853文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン