/

この記事は会員限定です

中国の外資系企業、人民元建て出資拡大 為替リスクを軽減

[有料会員限定]

【上海=戸田敬久】外資系企業が海外で調達した人民元を中国に送金し、子会社への出資や貸し付けに充てる動きが広がっている。英HSBCが中国法人の増資に活用したほか、マブチモーターも三菱東京UFJ銀行を通じて子会社に元建て出資した。元相場の中長期的な上昇が予想される中、米ドルなど外貨建て出資に比べて為替リスクを軽減できる利点がある。元の活用手段が増え、国際通貨としての地位向上にもつながりそうだ。

日系企業も活用...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り969文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン