/

トルコ、日本と交渉中の原発計画を延期

【カイロ=花房良祐】トルコのユルドゥズ・エネルギー天然資源相は24日、日本と交渉中の原子力発電所の建設計画について、交渉期限を延期する考えを示した。ロイター通信の取材に答えた。従来は3月末までを期限としていたが福島第1原発の被害の影響を見極め、年内をメドとする。トルコ政府は東芝や東京電力などを相手に昨年末から正式に交渉していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン