/

この記事は会員限定です

欧州Inside ルイヴィトンCEOも脱出? 仏富裕層増税の苦悩

パリ支局 竹内康雄

[有料会員限定]

「納税を逃れようなどとする気持ちは全くない」。9月半ば、フランス有数の大富豪で、高級品大手モエヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)のベルナール・アルノー最高経営責任者(CEO)は釈明に追われていた。同氏がベルギー国籍の取得を申請したとの情報が駆け巡ったからだ。

折しも仏政府は2013年予算案に富裕層への増税案を盛り込む法案を準備している真っ最中。13年から2年間の時限措置で、年収100万ユーロ(約1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1307文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン